自分で作れる!手作り結婚指輪のお店6選

総合ランキング

RITOE
総合評価★★★★★
鎌倉彫金工房
総合評価★★★★
CRAFY
総合評価★★★★

Home > 手作りの結婚指輪について > 結婚した証として手作りの結婚指輪がほしい

結婚した証として手作りの結婚指輪がほしい

 結婚をした証として結婚指輪を持つことが当たり前となっています。
実際、結婚式では指輪の交換が一番の見せ場です。
しかも、ずっと肌身離さず持つことが重要です。
まず、指輪は何のために交換する意味を考えてみましょう。
お互いの左手の薬指に光る指は二人の愛の証です。
二人の愛の証だからこそ指輪を手作りしたいと考えるカップルが増えています。
手作りといっても全て、個人で作るわけではありません。
指輪にはデザインがあります。
単に輪っかを丸めて指にはめているわけではありません。
実際、単なる輪っかではいつも指にはめる意味がなくなってしまいます。
それに結婚指輪を手作りすることは結婚式を挙げる前の二人の共同作業になります。
二人が行うのは指輪の形作りがメインで他の細かい作業は本職に任せることになります。

 だからといって、ありきたりな指輪になってしまうわけではありません。
指輪を制作過程から介入することで、二人の思い出作りにもなります。
だけど、指輪を全て手作りすることは素人ではうまくいきません。
さすがに結婚指輪作りを失敗するわけにはいきません。
そこで、本職が指輪作りの手助けをするわけです。
当然、本職がサポートするので指輪も見栄えのいいモノとなります。
それに作成も一か月くらいで完成します。
結婚式を挙げる前に何かと準備しなくてはいけないことが沢山あります。
指輪作りだけに時間をかけるわけにはいきません。
なので、本職に手伝ってもらう方が手間や時間をかけずにすみます。
そもそも、指輪作りには工程があります。
とにかく工程通りに進めていけば案外、簡単に結婚指輪を作成できるでしょう。

 最初に指輪を作成してもらえる工房に電話で予約します。
制作するために来店します。
まずは指輪のデザインを決めるとこから始めます。
実際、作りたい指輪のデザインがあればあらかじめ、写真や簡単な絵を用意しておきましょう。
指輪の作成にはサイズもきちんと測ることが大切です。
経験豊かなスタッフに手助けしてもらうことでオリジナルの結婚指輪を作成することが可能です。
指のサイズや指輪の素材によってコストにも変化があります。
ちなみに工房によって、来店するのは短期間ですみます。
それに指輪の耐久性も仕上げを熟練したスタッフが行うことによって一般のジュエリーと同様です。
最後に結婚指輪は一生ものになります。
お互い、ずっと持ち続けたいからこそこだわりのあるモノが欲しいはずです。
それなら、手作りが一番理想的です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP